6月のピースのおはなし その2

6月のピースのおはなし。
それからです。

f0207979_237481.jpg


もうそろそろ15才になろうというのに。
いつまでも赤ちゃんのようなピース。
「一周回って赤ちゃんに戻った」のではなく、ピースは生まれた時から
何だかずっとそのまんまだったような気がします。

・・・

この日は6月に入り特に体調が悪くなり、車から降りたら
看護士さん達に担架で運ばれて裏口から診察室に入ったピース。

f0207979_2311498.jpg


しんどいお顔だったからね。
すぐに院長先生に診ていただきました。
その時のレントゲンがこちら。

f0207979_2014861.jpg


もうどこもかしこも良い所が無い。。。
院長先生からは、この状態で本当によく頑張ってる、と
言われながらも
点滴を打って、色々処置をしていただき帰りには少し表情が楽そうに
なってきました。

・・・

そしてまた別の日。

f0207979_2065456.jpg


この日はえびがお付き合い。

f0207979_2075296.jpg


いつもるぱん母さんと一緒にいたピースは、
人も犬も数が多い方が何だか嬉しいようです。

f0207979_2084519.jpg


前回の時より随分と良い状態です。
自分で立っているしね、今見るとそんな日もあったな、と思う。
ハーネス無しだもんね。

やっぱりえびも、猫ちゃんの声や大きなわんちゃんの吠え声に
不思議そうにする。

f0207979_2011017.jpg


だんだん、ドキドキしてきた。。。
えびは今日は爪切りと肛門腺絞りだけだよ~(^^;

f0207979_20113169.jpg


まだかな?

f0207979_2012849.jpg


あたしの肛門腺、たまってますよ?

f0207979_20123594.jpg


絞るなら今ですよ?

f0207979_20133075.jpg


あへ~

f0207979_20134358.jpg


えびは無事に肛門腺を絞ってもらい、
その後、ピースは前回の診察からの様子をお話しました。

毎日、調子のすごく良い日とすごく悪い日を乱高下したりする
日々も続いたりと全く安定しないのですが、、、

そうやって一日、一日、老いていくのだなぁ、と静かに
(混乱しないように)そばで見守らせてもらっています。
そうする事しかもう出来ないな、と飼い主も教えられる時間を
ピースに与えられているように思います。
ありがたいことだなぁ、と思います。


えびも来てくれたおかげで、この日のピースは上機嫌。

f0207979_20202895.jpg


MAX35キロ有った若かりし頃の体重は、この頃で
とうとう20キロ代前半に。
(最後は18キロまで落ちてしまいました。)

f0207979_2025296.jpg


食べられるものが日に日に少なくなり、食べては吐くの繰り返しで、、、。
もう何でも食べられるものなら液状にして与えていました。
アイスやプリン。シュークリームにカステラ。
とにかく高カロリーで食べやすいものが我が家の冷蔵庫には
びっしり詰まっていました。

6月は本当にどうなる事かと思う日が続いたけれど、
そこからは、ただただ静かに時間が経つ日々を
ピースと家族と一緒に送らせていただいたのでした。

またピースのお話はのちほど。


by rupakomama | 2018-12-09 20:33 | るぱんとピース

いつまでも赤ちゃんなピースと天使になったるぱん。ナツキとアリーナとワンダフルドックスの保護犬のお話。


by rupa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31